アメカジ = 質実剛健 / 自由と感謝と日々研鑚


by moon-sun-cloud

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

CLOUD9

タグ

(40)
(34)
(34)
(17)
(15)

カテゴリ

CLOUD NINE
お知らせ
新商品入荷案内
SALE
Recomend Item
STANDARD
VINTAGE
T-shirts
Motor cycles
AMERICA
KARATE
LIFE
BLOG
音楽
映画


身体能力
etc

以前の記事

2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

フォロー中のブログ

age of vintage
6DIRECTIONS ...

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

画像一覧

タグ:BOOK ( 2 ) タグの人気記事

村上春樹[1Q84]1&2を読み終えて・・・そのナゾ

不況で出版業界の単行本の売れ行きが鈍い
この昨今爆発的に売れ行きを伸ばしているらしい、
村上春樹原作の長編小説「1Q84」。

今更ながら、その「1Q84」のBlogでの感想とは思いますが・・・
1と2を、今ちょうど読み終え、そして"3"を読む前に、
ここまで読み終わり、少し混乱した自分の中で、
改めて、「1Q84」のまとめをしたくて
Blogに投稿をしたいと思った・・・・。

つまりこれは、感想というよりも3へ行く前の
復習? という感じかも知れません・・・(笑)。

(ですので、これから[1Q84]のデビューをする予定の方はお気付けください ! )



この物語のメイン・テーマは・・・・
「宗教」? 「神」? 「S F」? 「純愛」?

正直俺には、今のところ未だ分からない・・・。


夢と現実を行き交う様な不思議な迷走感・・・・。


それに、読んだ後を・・・例えて云うならば、
贅沢な食事を頂いた後に、ごちそうなんだけれど、
なぜか胃に消化しきれないような
そんなすっきりとしない重たい感じ・・・。


d0148259_22415891.jpg



この物語の舞台は1984年の東京。
小説の中心人物は二人。
「青豆」というスポーツインストラクターの女性と、
「天吾」という、しがない作家志望の予備校数学講師。
途中で分るのだが同級生なので、どちらも年齢は30才手前。
ふたつの物語が章ごとに交互に語られ、そして
ゆっくりと物語が絡み合いながら展開していく。


「ふかえり」という17才の少女の書いた幻想小説
『空気さなぎ』をリライトして、文学新人賞を授賞させる
企てに、図らずも巻きこまれる川奈天吾。

マーシャルアーツ・インストラクターとしての表の顔のほかに、
元親友の自殺に関与した、DV亭主を許さずに制裁を与えた事が
きっかけで、現在ある老婦人の元で、「弱い女を救う正義」の為に、
冷徹に「あちらの世界に葬る」ヒットマンを遂行する・・・
そんな裏の顔を持つ青豆。


ストーリー展開がスローな分、比喩が詩的でオシャレだが、
これでもかと云うくらいに長い形容詞が全体の半分以上。
読むのに確かに忍耐力もいるが、何故か意識の中に広がる
試写会映画をたった一人で見せられている様な・・・
村上パラレル・ワールド。

例えば、青豆が逃走後に気になってしまう「ゴムの木」の
説明だけで、何と3ページ近くを割いているのだが、
読んだ後には、その"生き物として"の「ゴムの木」が「金魚」よりも
とても身近に感じられて買いたくなる。

そうこうして、読む側(ワタシ)は、
"二つの月が浮かぶ"・・・・・その「1Q84」の
摩訶不思議な世界へ引きずり込まれて行きます・・・・。


また、二人に絡む人々・・・
天吾の「父」に「母」、そして「ふかえり」、メッセンジャー「牛河」。
青豆の尊敬する「老婦人マダム」と
その秘書で暗い過去を持つボディーガードの「タマル」。
「ふかえり」の父で、教団さきがけの「リーダー」⇒(青豆によってあちらの世界へ)。


ストーリーの核心なる『空気さなぎ』のリトル・ピープルたちは、
いったい何ものなのか(何ものでもないのか)・・・! その目的は・・・!?


「マザ」と心の影なる「ドウタ」、「パシヴァ」が知覚し「レシヴァ」が受け入れる。

ウ~ン ! 良く分からん~ ! !


嵐の夜、結ばれた天吾とふかえりは「パシヴァ」と「レシヴァ」になるの?
だとするとふかえりは「マザ」ではなく「ドウタ」だったのか・・・。
つまり、「リーダー(レシヴァ)」を失ったリトルピープルは、
天吾を殺さずに、天吾を新しい「レシヴァ」に仕立てたとすれば、
青豆は「リーダー」をあちらの世界へ送る秘密の取引で
「ふかえりの父」に騙されたことになる。

"2"の最後の章で、首都高3号線で出口を失った青豆は、
ヘックラーで衝動的!? に自殺しようとするが、
それは、つまらない犬死になってしまう気がする。

"1Q84"なる世界に"死ぬまでいる覚悟"が
あったはずなのに、青豆は本当に死んでしまったのか・・・!?
死ぬほど愛する天吾をたった一目見ただけで、
また会えるかも知れないのに・・・
"2" の最後のそこは、何か釈然としない。

そして、天吾が父の病院で見た、
さなぎの中の"10才時の青豆"は、何かの暗示なのか・・・!?


『猫の町』に秘密がかくされているのかも知れない。


ちなみに天吾の父が確か言っていたナ・・・
(説明されなければ分からないということは、
説明されても分からないということだ。)・・・と同じかもしれない。


つまり、"3"を読んでも同じかもしれない・・・・(汗)。

いや、数々のナゾが解き明かされるなもしれない !



仕方ない、やっぱ明日「1Q84:3」書店に買いに行くか・・・・! !






「ほうほう」とはやし役のリトル・ピープルが言った。


「ほうほう」と残りの六人が声を合わせた。




d0148259_17584494.jpg





月が気になって、何度か夜空を見上げたが・・・
梅雨空で、確認できない。

黄色い月と緑の月
その二つの月が浮かんでいる光景を
まさか見たいとは云わないが・・・・。










Thanks & Goodluck ♪(^-^)♪ 
from Cloud 9

[PR]
by moon-sun-cloud | 2010-07-14 00:10 |

♪誘拐ラプソディー(萩原 浩薯) 本&映画

d0148259_0173183.jpg
      誘拐ラプソディー(双葉社刊)文庫本 萩原 浩薯

最近読んだ本の「誘拐ものヒューマン・ストーリー」
ナ・・・お話しです。

最初買ったきっかけは、以前読んで良かった、
「明日の記憶(アルツハイマーで人生が急転する男の話)」
の荻原浩 薯の本という事もあったが、キャッチコピーと
何となくほのぼのとした、まるで親子の様な
カバー絵に惹かれて買ったのだが・・・

正直、俺の中ではこれと云って読みたい本が
無かっただけに、繋ぎ本(?)
と云ったところだった・・・。


ところがどうしてどうして、
夢中にさせてくれました。

スリリングで、コミカルで笑えて、
そして、ほろっとする~
ハートウォーミングなお話しです。

特に誘拐されるヤクザ組長のひとり息子、
6才の「伝助」が、純真無垢で 
(子供の頃は、皆そうかー!?
いや~最近のガキはそうでもないゾー!)
かわいくて、こまっちゃくれ~な、ガキなんだー。



妻も子供もいないし、家もない、
あるのは前科と借金しかない
超ダメ男・・・・伊達秀吉。
(思いっきり名前負けで笑っちゃう!)。

人生に失望し、自殺を図ろうとする。


その最初のくだり、「死ぬにはちょうどいい日だ」・・・と、
ネイティブ・インディアンばりのセリフを
つぶやきながら自殺を試みる。


ところが、首吊り自殺をしようとしたら、
みごとに木の枝が折れる・・・。
(実は、計算づく)

次に丘から飛び降り自殺をしようとしたが、丘陵なので
距離が必要だからと、幅飛びの練習をするのだが、
体力のない秀吉はその練習に疲れて、
もう飛べないからとまたもや諦める。
(これも、予定の行動)

考えた挙句、車に排気ガスを入れて死のうと
名案を思いつき、三度めの正直とばかり、
歩いてコンビニにガムテープを買いに行く。

帰りに、最後のタバコを吸いたいと思うが、
ポケットに残された金は無常にも二百数十円、
自販機に八つ当たりする秀吉。

とことん情けない男・・・・(笑)。


そして、車に戻ると、後部座席から
「ぷぁ~~っ !」と大あくびをする子供が・・・・。

その子は、資産家の息子で家出中の伝助。
実は埼玉一沿を仕切るヤクザの親分の息子だ。
大金持ちの子と勘違いした秀吉の頭の中に何かが閃く

そうさ、死んでもともと・・・・

「お前の家出、俺が助けてやるよ」

秀吉は゛誘拐゛という人生最後の逆転賭けに出る。


「ついに俺の人生に、本物の運(ツキ)が舞い降りてきたー !」
とほくそえむ・・・が。


そこからは、「誘拐を成功させようとする犯人秀吉」、
「人生初の家出をして遠足気分の伝助」・・・・
「警察に通報せず、坊ちゃんを救出して、当然秀吉を
ドラムカン詰めで晴海に沈めんとする篠宮組ヤクザ衆」


埼玉、群馬、東京を行き交う
゛ザ・クライム・ロードムービー゛ 的小説だ~ ♪



後は、興味がある方は、安い文庫本も出てますし
是非オススメーです ! !

スカッー! と単純明快、気楽に読めます。


また、先月から、映画も公開中とのこと。

映画も良いかもね。
配役も悪くないし。


実は、公開中の映画に「そういえば・・・」的裏話、
昨年夏の押尾学の逮捕で、12月公開予定が、
お蔵入りになりかけたとか・・・。

監督みずから、押尾の役だったインテリ・ヤクザ役を、
すべて撮り終えて、無事公開とのこと
良かったです、良かったです。


秀吉役は「高橋克典」、
ヤクザ組長に「哀川翔」、
刑事役にサスペンスドラマの帝王 「船越 栄一郎」
伝助役に新人子役「林遼威」、
そして監督に元々役者でもある「榊英雄」。


俺的には、高橋克典の超ダメ男ぶりも見てみたいし、
なんと云っても「チビッコ・ヒーロー伝助」に
会いに行きたい。

あの自由奔放な役は、かなり難しいと思うが・・・・。

それが、レビューを見るとその「伝助」が自然で良いらしい。




だが、

ここ最近、中々休みもとれないので、
残念だが、DVDレンタル開始まで待つとしようか。。。。


伝助よ、待ってておくれー !






     角川映画 : 誘拐ラプソディー

d0148259_0422471.jpg

       誘拐犯VS暴力団VS警察














♪Thanks ! & Goodluck !
from Cloud 9 ♪

[PR]
by moon-sun-cloud | 2010-05-10 00:19 |